心療内科の概要

心療内科とはどのような医療機関か?

心療内科というのは、主に心理的な要因によって身体に発生する症状の治療を担う医療機関です。そのような症状を指して心身症と呼ばれるのですが、心療内科のなかには、それに加えて軽いうつ病やパニック障害などの精神の疾患にも対応しているところがあります。そのため、心療内科といっても、必ずしも心身症だけを取り扱っているわけではないという点に注意する必要があります。もっとも、実際に対応できる疾患は医療機関ごとにかなりばらつきがあるのが現状です。特に重いうつ病や統合失調症などの長期の治療や入院が必要となる疾患については、対応できるところが限られていますので、診察に訪れる場合には、自分の症状に対応しているかどうかを見極める必要があります。

心療内科は精神科とどう違うのか

精神科は、心療内科と同じく精神的な疾患のある患者に対して薬物療法や精神療法を施す医療機関ですが、その専門分野は心療内科とは大きく異なっています。すなわち、心療内科では、精神面が身体に及ぼす様々な不調を主に取り扱っているのに対し、精神科の場合は、うつ病に代表されるように精神そのものの疾患を専門的に取り扱っているのです。また、精神科は、基本的に精神に関する疾病には幅広く対応していますので、心療内科のように医療機関ごとに対応できる疾病に差が生じるケースはあまりありません。なお、近年では精神科と心療内科の両方の機能を備えている医療機関も増えてきていますので、どちらに行くべきか分からない場合には、そういったところに診てもらうのもよいでしょう。